駐スイス外交官に科された反則金、数億円が未払い

2014年~17年の間、ジュネーブに駐在する外交官に科された340万フラン(約3億7千万円)相当の反則金が未払いになっている Keystone

スイスの首都ベルンや国際都市ジュネーブに駐在する外国の外交官らに対し、違法駐車やその他の交通規則違反で科された反則金のうち、数百万フラン規模が支払われていないことが分かった。

22日付けの独語圏の日曜紙ゾンタークス・ツァイトゥングが報じた。2014年~17年の間に、ベルン州にある90カ所の大使館に勤める外交官に科された反則金は、74万5千フラン(約8200万円)にのぼった。うち支払われたのは14万1300フランだけだった。

国連の欧州本部や33カ国の代表部が置かれるジュネーブ州では、状況はさらに深刻だ。同じ期間で科された反則金は4百万フランを超える。当局に納められたのは62万9千フラン弱で、340万フランが未払いとなっている。

1961年に結ばれた外交関係に関するウィーン条約に基づき、外交官ナンバーを付けた外交官車両は現地の法律が適用されない。反則金が支払われない場合、交通違反があったという事実はまずスイス警察からスイス外務省に通知され、その後該当する大使館に転送される。

反則金の納付状況は数年前よりは改善している。2010年の ベルン州の反則金の納付率は1割にすぎなかったが、昨年は25%に改善。ジュネーブ州はおよそ2割だった。

スイス外務省の広報は同紙に「スイスに駐在する国外からの外交使節の交通マナーについて、スイス外務省はコメントする立場にない 」と語った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する