リルケの書簡1353通、デジタル化で公開

Schweizerische Nationalbibliothek
このコンテンツは 2017/09/21 10:31

オーストリアの詩人ライナー・マリア・リルケ(1875~1926年)は生前とても筆まめで、頻繁に書簡をやり取りしていた。死んだら公開してほしい、それがリルケの遺言だった。スイス連邦文学資料館がこのほど、リルケが晩年、パトロンの女性に宛てた書簡の一部をデジタル化し、公開した。

公開されたのは計1353通。実際にリルケが書いた書簡はこれよりはるかに多く、作品の礎にもなった。リルケは晩年、スイス南部ヴァレー州シエール郊外のミュゾに住み、執筆活動に打ち込んだ。

リルケが書簡を送ったナニー・ブンダーリー・フォルカートさんは7年間、パトロンとしてリルケの芸術活動を支えた人物。二人は1919年からリルケがこの世を去った1926年まで、頻繁に手紙をやり取りしていた。

(独語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する