Navigation

スイス中銀、過去最大の赤字に 1~6月期

スイス国立銀行(SNB)の1~6月期決算は赤字が予想されていたが、赤字幅はエコノミスト予想を上回った © Keystone / Peter Klaunzer

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が29日発表した1~6月期決算は952億フラン(約13兆3千億円)の赤字となった。株式・債券相場の下落が響き、100年以上の歴史で最大の赤字額を記録した。

このコンテンツは 2022/07/29 11:32
Keystone-SDA/ts

1~3月期に328億フラン、4~6月期に624億フランの赤字となった。赤字幅はエコノミスト予想を上回った。

外貨準備が974億フランの損失を計上した。債券など有利子証券の相場下落が487億フラン、株価下落が440億フランの損失を生んだ。為替相場による損失も103億フランに上る。利子収入は33億フラン、配当収入は23億フランにとどまった。

金の保有量は横ばいで、24億フランの評価益を生んだ。フラン建て資産は3510万フランとわずかにプラスだった。

SNBは声明他のサイトへで、決算は金価格や外国為替市場、資本市場の動向に大きく依存していると強調した。「このため大きな変動が予想され、年度決算は暫定的な予想しかできない」と述べた。

例えば2021年は1~3月期と4~6月期に黒字、7~9月期と10~12月期に赤字となり、通年では260億フラン超の黒字だった。2020年は200億フランの黒字だった。

一方、株式相場の下落やフラン高騰で大きな損失を生んだ年もある。15年は230億フラン超、18年は150億フラン近い赤字を計上した。

英語からの翻訳:ムートゥ朋子

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。