セックスワーカーの悲鳴 新型コロナで収入ゼロ

3月16日以降、売春婦は労働を禁止され収入がなくなった

スイスでは3月16日以降、新型コロナウイルスの封じ込めに「世界で最も古い職業」の売春が禁止された。収入を断たれれば、家賃や食糧費などの生活費を支払えなくなる売春婦も多く、一部の性労働者は危機的な状況に追い込まれている。

フランス語圏に住むセックスワーカーのアレクサンドラさん(仮名)には、相変わらず依頼の電話が入る。受話器の向こうにいるのは、これまで通りサービスを利用したいという顧客だ。COVID-19拡大防止で、性風俗は3月16日以降スイス政府から禁止されていると伝えても、決まりを破らせようとする人までいるという。

アレクサンドラさんは憤慨して言う。「この人たちには全く危機感がありません。当局が禁止を決定する前から、私は仕事を見合わせていました。新型コロナに感染して、しかもそれを家族に移してしまうなんて余裕は私にはありません。父は糖尿病持ちで、感染すれば合併症を引き起こすリスクが高いグループなんです」 

「友人が居候させてくれなかったら、ホームレスになっていました」

―カルロスさん

End of insertion

コロナ危機で困難な状況に追い込まれてはいるが、仲間と比べればよい方だとアレクサンドラさんは言う。収入はなくなったが、住む所だけは保証されているからだ。「ボーイフレンドと一緒に生活しているから、しばらくの間は何とか暮らしていけそうです」

だがスイスのセックスワーカーの大半は、雇い主が経営するサロンで働きながらそこで生活している。

「私の数人の同僚は、施設が閉鎖されてホームレスになりました。他には母国のハンガリー、モルドバ、ルーマニアに帰れた人、友人や顧客のところで一時的に世話になっている人もいます」(アレクサンドラさん)

スイスでは、売春は法的に独立した経済活動の一種とみなされ、所得は課税対象だ。パンデミックの場合、滞在許可を持ち、政府の措置で就労の停止を強いられた人は理論上、所得補償の権利がある。アレクサンドラさんもこれに該当する。「多分、申請すると思います」と言うが、申請手続きには若干不安があるようだ。

南米出身のカルロスさん(仮名)の場合、状況は異なる。3年前からスイスで売春夫として働いているが、滞在許可を延長していないため、今は所得補償を受けられない状況だ。

「友人が居候させてくれなかったら、ホームレスになっていました」とスペイン語しか話せないカルロスさんは言う。もとの生活に戻ったら、友人に家賃を払う約束だという。

不安定な状況から、闇の社会へ

カルロスさんとアレクサンドラさんは一時的な解決策を見つけられたが、その一方で、この不安定な状況のせいで違法労働を強いられるセックスワーカーもいる。カルロスさんには、今も常連客にサービスを続けている同僚がいるという。自身のアパートで売春している女性を知っていると言うアレクサンドラさんは、「インターネットにはまだ広告が出ています」と話す。

もちろん、新型コロナの流行を受けて一時的に広告を停止したプラットフォームもある。例えばスイスのウェブサイトKXYでは、代わりにテレフォンセックスを選ぶようユーザーに勧めている。

ヴォ―州にあるセックスワーカー支援団体フルール・デ・パヴェの最も大きな懸念の一つは、彼らが水面下で仕事を続けることだ。

「陰で行われている売春ほど、より危険です。セックスワーカーは新型コロナウイルスだけでなく、暴力の危険にもさらされています。健康管理を怠るリスクもあります」と同協会のサンドリーヌ・デヴィラー次長は説明する。

負のレッテルと貧困という二重苦

最悪の事態を避けるため、フルール・デ・パヴェは今もローザンヌ(ヴォー州)の路上で見回りを続ける。こうしてセックスワーカーとの接触を維持しながら、当局からの指示を再確認し、彼らのニーズをくみ取る。だが自宅に引きこもってしまった人と連絡を取るのは難しい。

そんな中、フルール・デ・パヴェの事務所にかかってくる悩みの電話は増える一方だ。「何か食べるものを下さい」と絶望した声が聞こえてくることも珍しくない。「私たちは食糧援助や緊急宿泊所を提供する組織を仲介しています。また、該当者に代わって当局に連絡し、行政手続きをすることもあります」とデヴィラー氏は話す。

90日間有効のシェンゲンビザを持つ女性がスイス中を転々とするケースもある。与えられるべき権利を得られないのは、言葉の壁以外にも理由があるという。

「セックスワーカーは、我々の社会では負のレッテルを貼られています。そのため、無料給食施設などに助けを求めることを後ろめたく感じる人は多くいます」とデヴィラー氏。また、スイスのセックスワーカーの大半は、新型コロナの所得補償を受ける資格がないのではないかと推定する。補償を受ける権利がある人でも、実際にお金を手にするまではしばらく時間がかかる。フルール・デ・パヴェはそのため、スイスの他の同様の協会と同じように、緊急のニーズにも対応できるよう募金キャンペーンを立ち上げた。

娼婦がホームレスに

トンネルの向こうに光が見えるのは、セックスワーカーにとってかなり先の話になりそうだ。「性風俗は最も長い間禁止される活動の一つになる可能性が高い」とデヴィラー氏は見る。禁止の時間が長くなるほど、とりわけ住居に関して状況が悲惨になる恐れがある。

多くの売春婦は、施設の使用料として家賃を求めるサロン所有者の善意に依存している。施設が閉鎖に追い込まれた後も、経営者の好意でサロンに無料で住み続けられた人がいる一方で、冷酷な経営者も中には存在した。

 「セックスワーカーは、我々の社会では負のレッテルを貼られています。そのため助けを求めることを後ろめたく感じる人は多くいます」― サンドリン・デヴィラー氏

End of insertion

オンラインニュースサイトHeidi.newsが取り上げたヴォ―州ビュレのサロン経営者ロイックさんは、現在スイスに足止めされた二人の女性を援助している。「二人ともルーマニア人で、正式にはドイツとイタリアに住んでいますが、国境が封鎖されたため戻れなくなりました。一人はうちのサロンに来たばかりの子で、全く蓄えがないので、食事を提供しています。二人とも必要なだけここに無料で住まわせるつもりです」

「売春2.0」が解決策になるか?

支援団体フルール・デ・パヴェは、セックスワーカーにオンラインでのサービス提供に切り替えるよう推奨している。同団体は2018年、売春の広告を掲載するウェブサイト「Call me to play」をジュネーブ所在の組織Aspasieと共同で立ち上げ、既にこの路線で一歩踏み出した存在だ。セックスワーカーは同サイトを無料で利用でき、政府の補助金も出る。

また、メンバーだけのフォーラムを利用し、売春婦はネットワークを広げたり、予防管理組織から情報や援助を受けたりできる。

現在はウェブカメラか電話を介してのみのサービスが提供されている。別枠ページには利用客やセックスワーカーを対象に、遠隔で性的サービスを購入または提供する方法が説明されている。

同支援団体のサンドリーヌ・デヴィラー次長は「守るべきルールを売春婦が再確認し、どうやって安全な支払い方法を設定するか理解できるよう、実践的な解説をまとめた」と話す。

End of insertion

コロナ危機の初期、フルール・デ・パヴェはサロン経営者らに手紙を出し、理解を求めると同時に、居住者が一時的に無料で住めるよう取り計らいを求めた。しかし「いつまでその好意に甘えられるかは分からない」とデヴィラー氏は話す。いずれホームレスになった女性が協会の扉をたたく日も近いと危惧する。

「残念ながら、これが現実です。社会構造の一番底辺にいる人々が、緊急事態に最も苦しむ人なのです」

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する