ホテルマネージメントスクール

19世紀から裕福な観光客の要求に応えてきた伝統を持つスイスのホテル部門は、質の高いサービスとノウハウで名を馳せている。

このコンテンツは 2018/05/26 10:00
swissinfo.ch

ローザンヌには世界初のホスピタリティーマネージメントスクールである、1893年創立のローザンヌ・ホテルスクール(Ecole Hôtelière de Lausanne、略称EHL)がある。それ以降、スイスは約25校のホテルスクールを抱えるホスピタリティー部門のトレーニングの中心地に成長してきた。

スイスにはローザンヌ・ホテルスクールの他にも、さまざまな世界トップ20のリストに名を連ねるスクールが複数ある。例えば、レ・ロッシュ大学、グリオン大学、モントルーのホテルマネージメントスクール、セザール・リッツ・カレッジ、ジュネーブ・ホテルスクール、ホテル・ツーリズム・マネージメント・インスティチュート、IMIルツェルン国際ホテルマネージメントスクールなどだ。

これらのスクールは留学生に非常に人気がある。スイス流のホテル経営トレーニングでは、学生はボトムアップで経営を学ぶ。そのため、学生はあらゆる役割を直接経験する。

トップレベルのホスピタリティーマネージメントスクールで学士号を取得する費用は3年で15万フラン(約1700万円)に上ることもある。これには、必ずかかる生活費は含まれない。スイス人の学生やその他の有資格者の場合、学費はこれより安い。また、条件に合えば学資援助も受けられる。

スイスのすべてのホスピタリティーマネージメントスクールを網羅したリストはこちら

Keystone


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします