踏切事故が3日に1回発生 ルール違反が9割

スイスでは踏切での一時停止、左右確認を行わない Keystone / Urs Flueeler

スイスでは平均して3日に1回の踏切事故が発生している。連邦運輸省交通局の統計を日曜紙ゾンタークス・ツァイトゥングが報じた。

このコンテンツは 2019/02/19 10:30
Keystone-SDA/SonntagsZeitung/ilj

2010年以来1539件の事故が報告されており、これは年間170件に相当する。衝突事故による被害総額は約3700万フラン(約40億円)にのぼり、死亡者67人、負傷者は347人だった。

スイス国内4500カ所以上の踏切において、2014年までに安全性の確認と向上が行われるはずだった。ここ数年で事故の犠牲者は減少していると連邦運輸省交通局は言う。

「国際比較において、スイスは非常に良い結果を出している。もちろん事故は一つでも少ない方が良いのが前提だ」とアンドレアス・ヴィンドリンガー広報官は述べた。

しかし2017年末時点で230カ所の踏切が依然として法定安全基準を満たしていないと同紙は指摘する。

事故の主な原因は、インフラの不備ではなく人為ミスだった。事故の9割以上は、車の運転者か歩行者が規則を守らなかったために起こった。

チューリヒ近郊のウスターと世界経済フォーラム(WEF)が開催されるスイス東部のリゾート地・ダボスで踏切衝突事故が起きたことを受け、警察はここ数週間、人々に注意を呼び掛けている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する