Navigation

スイスアルプスで吹雪 スキーハイキング客7人が死亡

山の事故には十分注意を Keystone

スイス南部ヴァレー州のスイスアルプスで先月29日から30日にかけ、スキーハイキング中のグループが吹雪で身動きが取れなくなる事故があり、2日までに男女7人が死亡した。

このコンテンツは 2018/05/04 10:30
swissinfo.ch with SDA-ATS, Reuters, DPA

ヴァレー州警察によると、これまでに死亡が確認されているのはイタリア人6人、ブルガリア人1人。主な死因は低体温症で、一人は滑落が原因とみられる。このほかスイス人男性とフランス人女性の計2人が重傷、5人が低体温症で治療を受けているが、命に別状はないという。

捜査によると、この14人は29日、ガイドを含む2グループで標高3157メートルにあるヴィネットの山小屋に向かう途中、突然の吹雪に襲われ身動きが取れなくなり、野外で一晩を過ごした。翌30日午前、ヘリコプター7台を含む救助隊が出動、負傷者をヘリで病院へ搬送した。

外部リンクへ移動

このグループは6日間の日程で、フランスのシャモニーとスイスのツェルマットを結ぶ計180キロメートルのトレッキングルート「Haute Route(オートルート)」を踏破する予定だった。ルート中には標高2450~3560メートルの山や氷河がある。

サース・フェーでも山岳事故

州警察によると、同州サース・フェーの山でも30日、ハイキング中のフランス人男女2人が雪の吹き溜まりで身動きが取れなくなる事故があった。女性は自力で抜け出したが、男性は同日夜、搬送先の病院で死亡した。

ヴァレー州とベルン州の州境にあるメンヒ山では同日、登山中のスイス人男性二人の遺体が見つかった。二人はいずれも20代前半で、29日に捜索願が出ていた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。