Navigation

伝説的ロックバンド、クイーンがモントルーを愛したわけ

スイス西部モントルーは、単なる湖畔の町ではない。それは伝説的ロックバンド、クイーンとの強いつながりだ。

このコンテンツは 2020/12/24 06:00

1991年にエイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)の合併症で亡くなったクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーはこの町に住み、クイーンは1979~96年まで所有したモントルーのスタジオで7枚のアルバムをレコーディングした。1996年には彼とモントルーの深いつながりを記念してマーキュリーの銅像が湖畔に建てられ、世界中のクイーンファンの聖地になっている。

2003年以降、毎年9月のマーキュリーの誕生日には、彼をしのぶ無料コンサートが湖畔で開かれる。ステージには国際的なトリビュートバンドが出演し、大勢の人でにぎわう。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けてコンサートは中止になったが、夏にはスターの足跡をたどる新企画の「フレディ・ウォーキングツアー」が始まり、人気を呼んだ。2018年公開の映画「ボヘミアン・ラプソディ」もまた、バンドへの関心が再熱するきっかけになった。

世界的に有名なロックバンドのクイーンがなぜ、この静かな湖畔の町をこれほどまでに愛したのか?それを探りにswissinfo.chはモントルーを訪れた。

(英語からの翻訳・由比かおり)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する