ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ツーク州の伝統 サクランボ、ツーク州で「はしご走」と共に収穫始まる

木のはしごを持ってツークの街中を走り抜ける走者たち

サクランボで有名なツーク州では収穫期の始めに、聖ミヒャエル教会の「クリーシグロッゲ(Chriesigloggä)」が鳴り響く中、あらゆる年齢層の人々が長い木製のはしごを抱え、石畳の街を駆け抜けるというイベントが行われる。その昔、共同の土地で栽培されていたサクランボが収穫期を迎えると、地元住民が我先にと8.1mのはしごを抱えて旧市街を駆け抜けたという旧習が同イベントの起源。今となっては単純に楽しむためのイベントとなったこの「はしご走」の後には、伝統的なサクランボ市がスタートする。

(Keystone)



swissinfo.ch/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×