主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

次はどこ行く? 国内旅行を好むスイス人が増加

スイスでは昨年、休暇を国内で過ごすスイス人が目立った。イタリア語圏のティチーノ州、スイス東部のグラウビュンデン州が特に人気だ。エジプト、トルコ、アラブ首長国連邦などのイスラム諸国は逆に行く人が減っている。

このコンテンツは2019/04/18 12:00に配信されました

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

「人体に重大なメリットなし」 スイス政府、緊急時におけるコーヒーの備蓄取りやめへ

スイス連邦政府は10日、法律で定められたコーヒー豆の緊急時用の備蓄を取りやめる計画を発表した。コーヒー豆の備蓄はこれまで長年続いてきたが「人間の生死にかかわるほど重要ではない」と判断した。

このコンテンツは2019/04/17 8:00に配信されました

スイスの軍事力 スイスアルプス地下の旧弾薬庫、爆発リスク増大

スイスアルプスの地下にある旧弾薬庫で、格納された弾薬が爆発する危険性が増大している。連邦環境省環境局が、15日に発表した調査報告書の中で、その実態を確認した。

このコンテンツは2019/04/16 10:17に配信されました

次世代通信 5Gネットワーク、スイス国土の90%に

スイス最大の通信会社スイスコムが、2019年末までに国内の90%を次世代通信規格「5G」ネットワークでカバーする計画を明らかにした。

このコンテンツは2019/04/16 8:00に配信されました

マネーロンダリング スイス最高裁、ファルコンバンクの収益没収処分を支持

スイス連邦最高裁判所は12日、ファルコン・プライベートバンクがマレーシアの政府ファンド汚職疑惑をめぐる収益没収処分を不服とした申し立てを棄却した。

このコンテンツは2019/04/15 14:02に配信されました

無人偵察機 スイス郵便、医療用物資配達ドローンの飛行を再開

スイス郵便は15日、落下事故のため1月から中止していた医療用物資配達ドローンのサービスを再開する。

このコンテンツは2019/04/15 9:06に配信されました

スイスの音楽フェス モントルー・ジャズフェスティバル2019 エルトン・ジョンら出演へ

スイスのレマン湖畔で行われる今年のモントルー・ジャズフェスティバルに、エルトン・ジョン、スティング、ジョーン・バエズ、レディオヘッドのトム・ヨークらが出演する。

このコンテンツは2019/04/12 12:47に配信されました

国境を超える スイス、税関業務を完全デジタル化へ

スイスは国境警備隊と税関業務のシステムを抜本的に見直し、デジタル技術に適応した組織に統一する。

このコンテンツは2019/04/12 11:53に配信されました

大阪府と同じくらい スイスの人口、854万人に

連邦統計局によると、スイスの2018年末の人口は854万2300人(暫定値)で、17年末と比べ5万8200人(0.7%増)増えた。この人口は大阪府と同じくらいだ。

このコンテンツは2019/04/11 16:12に配信されました

歴史的判決 スイス最高裁、国民投票の無効判決

スイス連邦裁判所(最高裁)は10日、法律上の婚姻関係にある夫婦に対する不平等税制の改善を求めた2016年の国民投票で、投票の無効・やり直しを認める判決を下した。スイスの直接民主制の歴史で、投票やり直しが命じられるのは初めて。

このコンテンツは2019/04/11 16:55に配信されました

スイスのスタートアップ スイス連邦工科大学、宇宙ごみ掃除の新技術

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のエンジニアたちによる新しい技術が、宇宙へ飛び立つことになった。スタートアップ「ClearSpace」のミッションは、宇宙のごみ掃除だ。

このコンテンツは2019/04/10 11:00に配信されました

統計 スイスの人種差別、学校や職場が目立つ

スイスのカウンセリングセンターによると昨年、肌の色、民族、宗教を理由に差別を受けたという報告が278件あった。2017年に比べ10%減った。

このコンテンツは2019/04/10 8:00に配信されました

電子たばこ フィリップモリスの電子たばこに有毒物質?

フィリップモリス・インターナショナルの電子たばこ「アイコス(IQOS)」で、フィルターから有毒性の高い物質が出たとスイスの国内紙が報じた。

このコンテンツは2019/04/09 11:16に配信されました

スイスの伝統行事 チューリヒの夏は「穏やか」雪男が予報

春の到来を祝うチューリヒの伝統行事「セクセロイテン」は8日夕、雪男を燃やして夏の天気を占う毎年恒例の儀式が行われた。それによると、今年は「穏やか」な夏になりそうだ。

このコンテンツは2019/04/09 8:33に配信されました

知的財産権 スウォッチVSアップルの訴訟 スイス行政裁はスウォッチを支持

スイス連邦行政裁判所は、米アップルがスイスの時計大手スウォッチを相手取り起こした知的裁判権訴訟で、アップル側の訴えを棄却した。アップルは、スウォッチが自社の宣伝スローガンを盗用したと主張していた。

このコンテンツは2019/04/08 9:30に配信されました

SNSでも話題に スイスで春の大雪 桜も雪化粧

あたたかな陽気が続いていたスイスは4日、一転して強い寒気に見舞われ、真冬並みの気温となった。各地で雪が降り、アルプス地方では降雪量が最大1.5メートルに達した。

このコンテンツは2019/04/05 12:34に配信されました

核軍縮 核兵器禁止条約、スイスは批准を2020年まで延期

スイス連邦内閣は3日、国連の核兵器禁止条約について、批准するか否かの決定を2020年まで延期すると決めた。連邦議会が内閣に対し、早期の署名を求めていたが、これを拒否した。

このコンテンツは2019/04/04 12:39に配信されました

有機農業 スイスでオーガニック食品の人気加速 3300億円市場に

スイスでオーガニック食品の人気が止まらない。オーガニック食品の総売上高は初めて30億フラン(約3300億円)を突破。2018年は消費者が一人当たり360フラン(約4万円)のオーガニック食品を購入した。週に数回以上購入する人は消費者全体の約56%に上る。

このコンテンツは2019/04/04 12:16に配信されました